口コミでウォーターサーバーを比較する

口コミでウォーターサーバーを比較する

口コミでウォーターサーバーを比較

最近、個人でウォーターサーバーを家に設置するという家庭が増えています。
実際、飲料水を確保する上での水道代と比較してもそれほど高くなるわけではないし、美味しい水やお茶をいつでも飲める上にお湯もすぐに出すことができるという機能がつくと考えればむしろ安いものですね。
実際、その影響もあってか日本国内でもウォーターサーバーの提供会社も増えてきました。
しかし、会社が増えれば当然ながらその会社ごとのウォーターサーバーについても比較するようになるでしょう。
そんな、ウォーターサーバーを選ぶときに比較する際にはネットの口コミで評判などをみることをお勧めします。

■比較するためにはまず基礎から

とは言え、口コミなどでウォーターサーバー各社を比較する際にも何を比較すればいいのかという点をまずは知らなくてはいけません。
ウォーターサーバーの利点は、カルキが入っていない天然水や純水に近付けたようなろ過水などを提供しており、そのあたりは会社によって違います。
なので、ウォーターサーバーを比較する際にはまずこの水の提供が何を扱っているのか、ということがポイントになりますね。

■ウォーターサーバーの水の比較

ろ過した純水は、非常に飲みやすいのですが天然水などはミネラルを含んでいるので健康にもいい、というなどそれぞれの利点が違います。
さらに、天然水のいいところは80度から90度程度でお湯になるので赤ちゃんのためにミルクを作る際にも程よい温度として活躍してくれるという点が利点ですね。

■値段で比較する

やはり、ウォーターサーバーを利用する際に気になるのは値段でしょうね。
元々はぜいたく品として見られていたウォーターサーバーですが最近では非常に安くなっており一般家庭でも十分に利用することができるようになりました。
しかし、やはり会社によって扱っている水やサーバーの電気代などは違いますからね。
自分の稼ぎと比較してどのくらいの品質と安さを追求したいのかをチェックしましょう。

■サーバーで比較する

比較

そして、これも意外と見落としがちなのですがウォーターサーバーの本体であるサーバー自体でも比較をするのを忘れないようにしましょう。
基本的には、ウォーターサーバーは最近ではレンタル形式になっているのですが、中にはレンタル料がプラスでかかるものもあったり、水を必ずこの期間内に最低これだけ購入しなければいけない、というような契約がある場合もあります。
ほかにも、サーバー自体の機能が会社によって違いますのでこれも比較したいところですね。
水やお湯が出る機能はもちろんなのですが、稼働時の静音機能だったりとか電気代を節約することができる節電モードだったり、他にもウォーターサーバーによっていろんな機能がありますので、それらの機能を見比べたうえで選ぶのが賢いですね。
他にも、機能だけではなくウォーターサーバー自体を部屋のインテリアのようにしたい、というような人であればデザイン性も比較しておくといいでしょう。

■健康に気を遣うならウォーターサーバーが一番

そして、何よりウォーターサーバーを使うということは健康に気を遣うことにもなります。
先ほども説明した通り、ウォーターサーバーというのは同時に購入する水をセットし、天然水や不純物のないRO水をいつでも飲むことができるわけですね。
水道水は、水が腐らないように塩素だとかカルキなどが入っているわけですが、それが水の臭みなどを感じさせてしまう場合があります。
そして、赤ちゃんなど大人よりも悪いものに対して過敏な場合などはやはりRO水のような純水に近いものを使ったほうが体にいいわけですね。
そして、何よりウォーターサーバーの水はいわゆるミネラルウォーターのような美味しい水なんですね。
とくに、都会なんかだと水道水がとても臭くて飲めないというようなことも結構多いですからね。
そういう家庭にとっても、ウォーターサーバーを取り付けることはとても意義があるのです。
とくに、ミネラルウォーターを飲料水として毎日買っている人なんかは確実にウォーターサーバーを使ったほうが安いわけです。

■お湯を沸かす機能はあると便利

他にも、ウォーターサーバーの機能選びをする際にはやはりお湯を作る機能があるといいですね。
ウォーターサーバーのいいところは、ただいつでもおいしい水を飲めるだけでなくそのお水をいろんなことに使うことができるというところです。
コップ一杯分のお湯を沸かすのに電気代やガス代を使うのはもったいないからお湯としてウォーターサーバーから出せばいつでも紅茶やお茶も入れられるわけですね。

■まとめ

ウォーターサーバー 口コミランキング&比較の比較は、要はその品質とお金の問題をとりあえず比較しておけば間違いありません。
それほど専門用語などはありませんから、ある程度意味はわかるでしょうし、わからないことは直接メールなどで問い合わせをすればちゃんと答えてくれるので心配ありません。